Event is FINISHED

INTILAQ Design Thinking Workshop(入門編)

Description
INTILAQ Design Thinking Workshop(入門編)
~本場スタンフォード大学d.schoolの教材をベースに、デザイン思考の概要が4時間で学べる学べるワークショップです~

●デザイン・シンキング(デザイン思考)とは?
2020年以降に到来すると考えられている知識社会では、いかに社会をより良く変化させるかが重要であり、そのためには常に新しい発想をしていくことが求められます。しかし、世の中にはそのような「社会を良くするアイデア」を生み出すための具体的発想法が定着していません。デザイン思考はこれを解決するアイデア発想法、イノベショーンのためのアプローチ法として現在注目を浴びており、これからの社会を生き抜くためには、早い段階でこのような力を身に着けていることが強みになります。
このたび、INTILAQ(東北イノベーターズハブ)プロジェクトでは、このようなスキルをぜひ皆さんに学んでいただきたく、本場スタンフォード大学のカリキュラムをベースにしたプログラムを実施している「一般社団法人デザイン思考研究所」の講師をお招きしてその入門編のワークショップを開催することになりました。
イノベーション・起業というキーワードにご興味ある方はもちろんのこと、これから何か新しいことにチャレンジしてみたいというすべての方にご参加いただきたいイベントです。東北大学生のみならず、他大学生、一般の方もぜひご参加ください。

●本ワークショップの特徴
デザイン思考の本場、米スタンフォード大学d.schoolで実際に使われている教材を土台にした4時間のワークショップを提供します。
デザイン思考ステップである「emphasize(共感)」「define(問題定義)」「ideate(創造)」「prototype(プロトタイプ)」「test(テスト)」の5つについてそれぞれ外観理解とワーク実践を行い、「デザイン思考の基礎を体得すること」を目標に学習していきます。
本ワークショップでは上記5つの説明とともに、デザイン思考が必要とされる現状の理由や可能性だけでなく、デザイン思考が抱える問題・短所についても皆さんにお伝えしていこうと考えています。
尚、本ワークショップ参加時の理解度を高めるため、下記のURLより事前資料をお読みいただくことをお勧めいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆ http://gewjapan.org/5steps.pdf ◆◆◆◆◆◆◆◆◆

●本ワークショップの流れ
<イントロダクション>
【ワークショップの目的、効果、手法】
【デザイン思考の特徴(長所・短所)】
<5ステップの理論紹介とワーク実践>
【ステップ1:共感】
【ステップ2:問題定義】
【ステップ3:創造】
【ステップ4:プロトタイプ】
【ステップ5:テスト】
<まとめ>
【ワークショップの成果確認】
【質疑応答】

講座名 INTILAQ Design Thinking Workshop(入門編)
開催日時 2014年11月19日(水)  17:00~21:00(開場16:30)
会場
東北大学片平キャンパス 地域イノベーション研究センター
エクステンション教育研究棟6階 講義室A(612)
講師 柏野尊徳(一般社団法人デザイン思考研究所 代表理事)
定員 最大24名
受講料
・学生  3,000円(税込)
・一般 10,000円(税込)
(東京にて通常28,800円で提供されているワークショップと同内容となります。)
※お申込みと同時にクレジットカードによるお支払いとなります。クレジットカードをお使いになれない方は別途ご相談ください。また、お支払後にキャンセルをご希望の場合のご返金手続きについては別途お問い合わせください。
Event Timeline
Updates
  • The event description was updated. Diff 2014-11-10 18:04:38
Wed Nov 19, 2014
5:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東北大学片平キャンパス 地域イノベーション研究センター エクステンション教育研究棟6階 講義室A(612)
Tickets
東北大学生 ¥3,000
その他学生 ¥3,000
一般 ¥10,000
一般・東北大以外の学生 ¥10,000
Venue Address
東北大学片平キャンパス 講義室A Japan
Organizer
IMPACT Foundation Japan
594 Followers